この先どうなる?トルコリラ円

トルコリラ円の取引きをはじめてから約10日ぐらいが過ぎました。

はじめの2、3日は含み損が40pipsぐらいありましたが、今ではプラス40pips以上の含み益があります。

週明け月曜日はどのような展開になるか楽しみですが、窓開けで上昇していてくれないか期待しています。



トルコリラ円のようなマイナー通貨ペアは、流動性が少ないのでユーロ米ドルやポンド円のように綺麗なトレンドになりません。

どちらかというと押し目や戻りが少ない一方的な上昇や下落になりやすい通貨ペアだと思うので、あまりチャートの形にこだわるとエントリーしずらいような気がします。

もし今がトレンド発生の初動だとしたら、かなり大きな利益が期待できると思いますし、そもそも相場は、誰にでもわかるようなトレンドが発生した時には、すでに遅いというものです。

言い換えれば絶好のチャンスであり、最大のリスクがある場面でもあります。

まだまだ北朝鮮の弾道ミサイル問題もありますし、ないとは思いますが戦争にもなれば大きく円高になることも想定できます。

そうなるとトルコリラ円は大きく下落する可能性があるので、損切りするかどうか選択する時だと考えます。

今は31~32円付近で相場が動いていますが、もともとは99円の時代もあった訳ですから、もしも相場が上昇に転じれば、たった1万通貨でも大きな利益になること間違いありません。


人気の投稿