人の行く裏に道あり花の山

これを知っている人は、そこそこ相場について勉強してきた人だと思いますが、株式投資の有名な格言で「人の行く裏に道あり花の山」というのがあります。

これはもう言葉の通りであり、FXでも当てはまる格言だと思います。


つまり、9割以上が負けると言われているFXの世界で、みんなと同じ行動をとると9割の負け組に入るということです。

勝ち組になりたいなら、人の行く道ではなくて別の道を選択しなければならないということになります。

FXはゼロサムゲームですから、誰かが1億円損失を出せば誰かがどこかで1億円儲かっている仕組みです。

相場に参入する9割が負けていれば、それを1割の勝ち組で山分けしていることになるのです。

なので、世間で広まっている投資手法では、長い目で見ると勝ち組に入るのは難しいと思いますし、勝ち組は間違いなく裏の道を通っています。

初心者がよくいう買ったら下がり、売ったら上がるというのはまさにこのことで、初心者が上昇や下落を認識した時には、その相場のトレンドは終わりです。




※「ブログには書けないFXの儲け話」メールマガジン登録フォーム。

名前(ペンネーム)
メールアドレス






登録すると、規約に同意するものとします

※免責事項
ブログで書いている内容については、事実を保証するものではありません。記事の内容は、管理人の個人的見解であり、それにより損失や何らかのトラブルが発生したとしても、その責任は負いかねます。

人気の投稿