上昇トレンドだけどリスクとのバランスを観察する

北朝鮮の水爆が少しだけ効いたようで、けさチャートを見てみると30pips程度下落した状態からはじまった。

けれど、このようなことは想定内だし、すでに反発しているようにも見えるので、このままポジションは保有するつもりだ。

この前の北海道上空に飛ばしたミサイルといい、思うほど円高に進まないことも分かってきた。


もうみんな慣れてきてるから、徐々に相場への影響力もなくなってくると考えている。

まあ、戦争になったら別の話だけど、ミサイルとか水爆の実験では、せいぜいこの程度の下落にとどまるってことが分かった。

自分は、まだまだ買いだと思っているし、これからも上昇するたびにピラミッディングしていくつもりでいる。

すでにポジションは、18,400通貨保有しているので、スワップの方も徐々に貯まっていくだろう。

間違いなく、ぼくは上昇トレンドがはじまっていると思っているけど、まだまだ解消されていないリスクもある。

こんなときはどう考えたらいいのか? というとバランスを考えればいい。

たとえば、今回のように水爆で相場にどのような影響を与えるのか? この前のミサイルの時も一時的な押し目のようになって上昇した。

今回もまたそうなっても不思議ではないと思っている。上昇が強ければ、間違いなくそうなるだろう。

もしも、きのうの水爆実験がトルコリラ円を取引しているトレーダーに大きな不安を与えたとするなら、レンジになるか下落に転じることになる。

このように上昇の勢いとリスクのバランスがどちらに傾いているのか? よーく観察したい思う。


人気の投稿