FXで負けるなんて絶対にありえないんですけど

まあ、このように言うのは簡単なんですが、現実はそうもいかないと思います。それは、誰よりも分かってるつもりです。

しかし、よく考えてみてくださいよ。FXは上がるか下がるか2分のⅠの確率なわけですよ。

これは、チャートなんて見なくても売り買いを続けていれば、最終的にはトントンで収まらなくてはならないんですよ。


ところがですよ。相場に参加する人はことごとく資産を失い、相場から退場させられる分けですよね。

なんかおかしくないですか? それも9割が数年間の間に資産を失うと聞いたことがあります。

9割って、ほとんどじゃん・・・・

これはFXのやりかた云々ではなくて、人の心がそうさしているのです。これ初心者の人はとても重要です。

プロスペクト理論をしってますか? これ知らない人はウィキペディアで勉強しなければいけませんよ。

ようするに、人がトレードをすれば負けるんですよ、早い話が。

これは、ずーっと昔から知識では知っていたんです僕も、でもホントの意味で理解できて来たのは今年に入ってからです。

これね。勉強すれば意味は理解できるんだけど、それだけじゃまったく実戦に使えない訳ですよ。

意味は分かってるんだけど行動できないような矛盾が、ぼくにも長い期間ありました。

そしてようやく最近になって、深くこの意味が理解できるようになって、実戦で活用できるようになりました。

ふと気づいた時には、徐々に利益が積み重なっていたのです。不思議なもんですよね。

そうなってくると今度は逆に負ける気がしなくなって来たんですよ。一時的な連敗などもあるんですが、しばらくすると損失以上の利益が舞い込んできます。

完全に脳内が勝ち組の思考になっていたのです。

これはたぶん長い間FXに携わってきたからこうなった訳で、経験なく身につくことはないと思いますね。




人気の投稿