北朝鮮のリスクは慣れてきて限定的

今の保有ポジションは、19,400通貨です。2万通貨目前まで来ていますし、大きく下落しなければロスカットされません。

トルコリラ円の上昇を妨げる直近のリスクとしては、やはり北朝鮮の問題が浮上すると思いますが、それも限定的であることが分かってきました。

今のチャートの動きからも分かるように押し目を作って上昇はしていないものの、下落もしていません。


相場の参加者が北朝鮮の問題をリスクに感じているのなら、少しづつ下落していっても不思議ではありませんし、このようなヨコヨコのパターンは、上昇の前によく出る動きです。

この前のミサイルもそうですが、押し目を作って上昇しただけのように見えましたし、今後もミサイルや実験で大きな下落はないと考えます。

また、トルコの経済は絶好調ですし、これらのリスクが解消されれば、間違いなく上昇トレンドになるでしょう。

それもかなり長期のトレンドになると思っています。

そのうちメルマガで詳しく書こうと思っていますが、ぼくが使っている先行指標では、ずいぶん前から景気の上昇が確認できました。

おそらく北朝鮮の問題は、ミサイルや実験程度なら押し目になって、トレンドは上昇していくと考えます。

ただ、戦争になったら話は別ですし、この問題が今以上に発展したとするなら、それはそれで円高に進む可能性大です。

しかし、まだ起きていないことばかり考えていたら、それこそトレードなど出来ませんし、明日おきる地震のことなど誰にも予想できないのですから、あまり気にしすぎてもダメだと思います。

それよりも大事なのは、もしかのことが起こった時に自分はどのように対処すればいいのか? ということでしょう。

つまり、どこで損切りするかが重要になってくるのです。あまり損切りしすぎても、いわゆる損切り貧乏になりますので、その見極めは難しいと思いますけどね。




※「ブログには書けないFXの儲け話」メールマガジン登録フォーム。

名前(ペンネーム)
メールアドレス






登録すると、規約に同意するものとします

※免責事項
ブログで書いている内容については、事実を保証するものではありません。記事の内容は、管理人の個人的見解であり、それにより損失や何らかのトラブルが発生したとしても、その責任は負いかねます。

人気の投稿