どうせ負けるのに考え方逆にすれば?

人間はことごとく投資で負けるようになっているのは、もうご存知だと思います。

要するに買えば下落し、売れば上昇する、このようなことが不思議と多いように思いませんか?

それもそのはず、あなたが負けたお金は誰かのものになり、勝組の人はあなたとは逆の取引をしているからです。


FXは手法を身につけるよりも大衆はどう考えているのか? この押し目の下に損切りが集まってるのでは?

というように投資に参加している人の心理を理解する方が、早く勝ち組になれると思います。

もしも、あなたが負け組トレーダーなら、トレンドが出たからポジションを取ると、しばらくすれば相場が反転し損切りになるでしょう。

しかし、そのあとは再びチャートが反転してトレンドが出たりします

結局、あとから見てみると方向は間違ってないのに、すでにポジションは損切られているんですよね。

これはみんなが経験することだし、個人投資家はこうやって勝ち組のカモにされているわけです。

そしたら、どうすれば自分が勝ち組になれるのか? もうこの時点で答えは出てますよね。

この相場で勝ち組はどう考えているのか? これをひたすら研究することでしか勝ち組にはなれません。

MACDやストキャスティクスで勝てないのは、ある意味当たり前だと言うことが理解できると思います。

自分がロングでポジションを持ったら、必ず誰かがショートしているわけで、自分が負けたら相手が勝っている

だから、自分が買いたい時には売り、売りたい時には買えばいい、単純に考えるとこうなるのですが、そうしたところで勝てることはないでしょう。

逆に考えることは大切ですが、どこまで逆にいくか? が分からなければ、結局あなたは負けてしまうのです。

だから、トレードは難しいのですが、経験を積み重ねるとエントリーするときに逆の心理が理解できるようになってきます

だったら何か仕掛けがあったことを確認してからエントリーすればいいですよね。

ようするにチャートでダマシと言われる動きが確認出来たらポジションを保有する。これで決まりです。

ただ、それでも勝率は6割、7割です。でも、これぐらい勝てれば十分なんですよ相場の世界ではね。




※「ブログには書けないFXの儲け話」メールマガジン登録フォーム。

名前(ペンネーム)
メールアドレス






登録すると、規約に同意するものとします

※免責事項
ブログで書いている内容については、事実を保証するものではありません。記事の内容は、管理人の個人的見解であり、それにより損失や何らかのトラブルが発生したとしても、その責任は負いかねます。

人気の投稿