もうロスカット寸前しかし反発ポイントも近い

ロスカット寸前ということもないですが、このまま下落が止まらないとロスカットされると思います。

それもはじめから想定していることですから、いちど相場から撤収してチャンスを見て入りなおそうと考えています

今のトルコリラ円の値動きは、米ドル円に引っ張られているように見えますし、そうならそろそろ反発するポイントも近いです。


昨日の夜も1,000通貨買い増しまして、ついに2万通貨になりました。思っていたよりも早く2万通貨を達成できましたが、含み益はほとんどありません。

ここから反発されるも良しロスカットされるも良し、自分にとってはもう一度チャンスがあることが一番のメリットです。

ないとは思いますが、さらなる下落が発生したとするなら、ロスカットしていないと塩漬け状態になります。

そうなったとしても数年後には相場が上昇するかも知れませんが、その間の大切な時間が無駄になってしまいます。

潔く損切りして再びチャンスを狙う方が、経験値が積み重なるうえに復活できるチャンスでもあります。

負けを受け入れることが出来ないと最終的には全て失い、金では買えない大切な時間も無駄にしてしまうことになるのです。

これらの全ては失敗を積み重ねてきた自分の経験から教えてもらったことであり、FXは経験値もかなり重要だと気づかされました。


人気の投稿