FXの勝ち組がライントレードをするのはなぜ?

僕もようやくこのようなことが理解できてきて、FXの勝ち組に一歩足を踏み入れた感じですが、これが分かってくると勝てるようになります。

もちろん、全ての勝ち組トレーダーがライントレードをしているわけではないですが、少なくとも大きな節目は必ず意識しているはずです。

昔は僕もインディケーターが好きで、MACDやストキャスティクスなど、数々使ってはきたのですが、最終的には補助に過ぎないことを理解できました。



MACDがデットクロスしたから売り! みたいな使い方を解説しているサイトなどもあるし、嘘ではないと思っています。

でもその通りにトレードするとFXは必ず負けるという仕組みです。

なので、最終的にはラインが一番信頼できる分析になったりするのですが、それよりも大切な理由があるんですよ。

水平ラインは、反発するかブレイクするかのポイントなわけですから、そこでエントリーすることで損切りを小さくできるというメリットがあります。

FXを突き詰めていくと、いかにして損切りを小さくできるか? これに尽きると思います。

利益は伸ばしたくても自分の思いどおりになりませんが、損切りを小さくするのは自分のメンタルしだいでどうにでもなります。

ただし、ただただ小さくするだけでは損切り貧乏になりますので、そこは経験を積み重ねて最適な方法を身につけるしかありません。

ここに書いている意味が、なるほど! と思えるようであれば、ほとんど勝ち組に片足を突っ込んだようなものです。

すでに勝ち組の人は、それ当たり前なんですけど・・・・

こんな感じになると思いますが、FXってほんとに経験から得られることが多いんですよね。

僕も今年の2月ぐらいまでは、ずーっとデモでトレードしていたんですが、ある日スイッチが入ったんですよ。

勝ち組スイッチがね。これが入るとなぜか負けなくなってきますね。

もちろん、勝ち負けを繰り返すんですが、トータルすると利益が出てるみたいな・・・・・

どうしてそうなったの? って言われると自分でも説明できませんが、ただ諦めないで10年やってきた。

これだけです。

でも、10年は長すぎますよね。これは自己流でダラダラやってきた代償とでも思うしかありません。

正しいやり方を本物に学ぶべきだったと後悔しております。(笑)

人気の投稿