1時間足でラインブレイク押し目買い増し

きのう北朝鮮が水爆の実験をしたことにより、本日は下に窓を開けた状態から相場が開かれた。

一般的には窓は埋められると言われているが、きょうは夜になっても埋まっていない状態だ。

そこで、1時間足のチャートを見ていると、よくあるチャートパターンに出くわしたので、それについてテクニカルの話など書いてみる。


これは本当によくある押し目の形だけど、初心者の人はだいたいこれに引っかかる。

水爆と書いているところが今朝の窓で、相場に勢いがあるときは①のところが押し目になる。

そこで買いポジションを持った人たちは、だいたい赤ラインぐらいに損切を入れる。そして見ての通り②の押し目で損切られて、その後に価格は上昇する。

これは上昇トレンド中によくある押し目のパターンで、稼いでいるトレーダーはこうなることを想定して②の押し目で入る。

しかし、ぼくもそうだったけど初心者は経験が浅く、まずこのパターンを知らない。普通は誰かに教えてもらわないと知らない。

そう、ひとことで言えば①でエントリーした人は、相場で稼いでいる人のカモだ!つまり、大口の売りポジションが仕掛けられて、損切りラインまで狙われた結果です。

このような仕掛けは、ヘッジファンドの仕業とよく言われるけど、その筋の人に聞くとファンドではなくて銀行だと言っていた。

その話の信頼性は、ぼくにもはっきり言って分からないけど、銀行、もしくはファンドとしても彼らは絶対に利益を出さないといけないからね。

僕らのような弱小個人投資家たちは彼らのカモにされて、そして銀行やファンドを育てているんですよ。(笑)

まあ、それはいいとしてFXで稼ぐには、このようなパターンを知っておく必要があるし、銀行やファンドがどこで仕掛けてくるのか? 彼らの行動に便乗した考え方をする必要がある。

ぼくはちなみに②の押し目で、斜めラインをブレイクした時に1,000通貨買い増している。

相場はまだまだ上昇すると考えているからね。明日は消費者物価指数が発表されるので、ちょっとだけ注目している

注目というかファンダメンタル的にはとても重要な指標になってくるからね。これを気にしている人は、トルコリラ円の相場の行方をだいたい理解しているはずだろう。



人気の投稿