レジスタンスがサポートに変わった? みたいな

トルコリラ円も結構さげてきまして、もう少し下落するとロスカットされる水準まで来ているところです。

その辺でいったん相場からは撤退しようかと考えていますし、それ以上行くと下落が進む可能性も出てきます。

とくに9月9日は、北朝鮮の建国記念日ですから、ミサイル発射の噂もされています。


このチャートは4時間足ですが、よく見るとレジスタンスだったラインがサポートになていますね。

これも上昇するときによく出るチャートパターンですが、はたしてトルコリラ円にこのようなパターンが通用するのか? とも思いますが、ちょうど損切りする目安にはなりますね。

このラインを下回って下落するなら、ちょうどロスカットされますし、資産も3万円ほど残る計算です。

そうなれば様子を見て再び買いなおしますし、もしかすると今の安値を更新することも考えられます。

そんな状況で含み損を抱えていれば、それこそ自分が破産するのをドキドキしながら待っているのが目に浮かびます

追加入金など考えずにスッパリ損切りするのが正しい選択ではないかと思いますね。

人が投資をすると普通は、どんどん含み損を膨らましてしまいます。ゆえに投資で勝てないと「プロスペクト理論」でも証明されています。

そこをあえて損切りするから一部の人は利益を出せるのです。

損切りするから勝てるのとは違いますが、損切りしなければ勝てないことは分かっていますからね。



人気の投稿