損切りに注目すれば利益はあとから付いてくる

FXで儲ける方法は、これだけと言っても過言ではないほど重要なので、初心者の方は注目ですよ。

だって、損切りって手法なんですよこれが、みんな損切りが重要なのは知っていますが、それをどの程度活用できるかで、勝組になれるかどうかが決まります。

僕も損切りが重要なのは、10年前から知ってますし、できるだけ実行できるように努力はしていました。


でも、今まで勝てなかったのはどうしてでしょうか? 考えてみると、とっても単純であることに気付かされます。

そもそもFXで、なんで負けるんですか? ってことですよ。早い話が・・・

負けるということは単純に利益より損失が大きいからな訳で、これを逆にすれば勝てるわけですよね。

だけど利益って自分では決められないし、50pips狙ってたら40pipsまで行って反転して損切りとか普通にありますよね。

ポイントはこのときなんですよ。

この場合ぼくなら30pips利益が乗った時点で、損切りを建値に持ってきてます。そうすることで、相場が反転してきてもプラマイゼロで決済することが出来ますよね。

今までの僕は、建値まで反転してきても損切りにかかるまで保有していました。これが、いままで勝てなかった理由の一つです。

どうしても心の中では、損切りにかかる前にもう一度反転して上昇するのでは? みたいな感情が出ていました。

でも、今はもうそれが思わなくなったんですよ。なぜなら、建値にして利を伸ばす方が勝てることを体感したからです。

このやり方を続けていれば、そのうち100pips  以上の利益が出るときも来ますし、結局のところ突き詰めると、これが勝ちパターンだと思います。

これができるようになってくると、イヤでも損小利大になってきますし、負けようがないんですよ。

ただし、これとは別にエントリーポイントは考えなければなりませんが、中級者クラスの人ならこれだけで利益になるんじゃないですかね。




※「ブログには書けないFXの儲け話」メールマガジン登録フォーム。

名前(ペンネーム)
メールアドレス






登録すると、規約に同意するものとします

※免責事項
ブログで書いている内容については、事実を保証するものではありません。記事の内容は、管理人の個人的見解であり、それにより損失や何らかのトラブルが発生したとしても、その責任は負いかねます。

人気の投稿