雪だるま式トルコリラ円トレーディング方式

雪だるま式なんてたいそうなタイトルにしてしまいましたが、ようするに雪だるまのように資産が増えますよってことです。

増えますよではなくて、正しくは増えてくださいお願いしますトレーディング方式ってことなんですよね。

まあ、しかし今のところはでたらめでもなくて、結構なペースで純資産は増えていますし、このままだと普通に10数万は可能だと考えます。


きょうは、口座に1万円追加入金しましたので、すでに純資産は5万円弱ですし、これから様子を見ながら少しづつロットを増やしていきます。

そうすることで、スワップ金利も増えてきますので、雪だるま式ということになって行きます。

為替差益+スワップ金利+追加入金=雪だるま式トルコリラ円トレーディング方式

ということになりますので、これは結構オススメの手法ですが、もちろん自己責任でお願いしますよ。

FXの場合、どんなに優れている手法を使っても、必ずどこかに落とし穴がありますし、長い間トレードをしていれば、必ず連敗する時期が来るものです。

手法が相場に合致しているときは利益が出やすいわけですが、やがてまったく手法が当てはまらない相場がやってきます。

重要なのは、その時どう対処するか? であって、それに対応する能力がなければ間違いなく相場から姿を消すことになるでしょう。

その時トレードを一時的に止めてチャンスを伺うのか? それともその時の相場にあった手法を取り入れるのか? やり方はいろいろあると思いますが、柔軟な対応が相場で生き抜く力になると思うのです。


ポジションを見てもらえると分かると思いますが、ぼくは相場が上昇するたびに1,000通貨づつ買い増しています

たぶん、こんな買い方している人は少ないと思いますが、ひとことで言えばみんなの逆をやっただけ! これだけです。

普通は、相場が下落するごとにポジションをとり、平均建値を下げていきますが、ぼくはこれの逆をしているんです。

どうしてか? それは単純に負ける人がやってる手法の逆をすれば勝つ、ただそう思ったのがきっかけでした。

もちろん、相場が逆行してくればロスカットされるんですが、今から相場が下落したとしても、トレード前の資産が確保されます。

そうすると、もう一度チャンスを狙えるわけですよね。これってすごい有利だと思っています。

それとは逆に、みんながやってるナンピン方式は、相場が大暴落してしまったら、大きな損切りを覚悟するか追加入金してお祈り状態になります。

いわゆる塩漬けですよね。トルコリラ円ならスワップで徐々には回収することもできますが、大暴落した相場の差益を取り戻すには、数年は覚悟しなければなりません。

もしかすると、最終的にはほとんどの資産を溶かしてしまう可能性もあるのです。

資産も大切ですが、ぼくはその塩漬け期間がもったいないと思います。資産を失うのが5年後とするなら、2、3日で失って再チャレンジする方が、よっぽど成長できると思ってしまいますね。

塩漬け期間は、まるで病院に入院して死を待ているようなもので、それが長くなればなるほど無駄に時間を過ごしているような気がします。






※「ブログには書けないFXの儲け話」メールマガジン登録フォーム。

名前(ペンネーム)
メールアドレス






登録すると、規約に同意するものとします

※免責事項
ブログで書いている内容については、事実を保証するものではありません。記事の内容は、管理人の個人的見解であり、それにより損失や何らかのトラブルが発生したとしても、その責任は負いかねます。

人気の投稿