トルコは世界で13番目の経済大国なんです。

トルコの首相であるビナリ・ユルドゥルムさんが、経済価値において世界で13番目でありヨーロッパでは5位になったと発言しました。

確かにトルコは経済面だけを見れば、もう数年も前から成長し発展しているのは、ご存知の通り。

しかし、それらが通貨の価値に反映されるのか? と言えば現実を見ればわかるように、そうはなっていません。


通貨は世界経済の影響をモロに受けますし、北朝鮮の問題やテロなどにも敏感に反応するものです。

でも、長い目で見れば北朝鮮問題やテロなども解決するときが来ますし、相場に悪影響を及ぼす問題が無くなれば、必ず通貨の価値も上昇してくると思います。

なので、トルコリラ円はどこかを境に上昇するのは間違いないと思いますが、それがどこから始まるのか? これは誰にも分からないポイントでもあります。

これがわかれば相場で負けることはないと思いますし、誰もがFXで負けることはないでしょう。

まだまだ、長い時間足でチャートを見ると下落の真っ最中ですから、とてもこれから上昇するようには思えません。

むしろ下落するだろうと判断していますし、1万通貨ですかショートポジションも保有しています。



もう先週からのショートポジションなので、マイナススワップも600円ほどになっていますし、長く保有すればするほど不利になるのはわかります。

かと言って、ロングポジションを保有している人で利益を出せている人は非常に少ないと考えています。

とくに数年前からトルコリラ円の取引をはじめた人なら、かならず含み損が膨らんでいると思いますし、利益はないと思います。

利益があるとするなら今年になってから取引をはじめた人に限られてくるでしょう。

だったらショートもありだと言うのは説明もいらないと思いますが、これを行動に移せる人は少ないんじゃないかな?


人気の投稿