スワップで儲かるなんて幻に過ぎませんよ

スワップはコツコツ確実に利益を積み上げますから、とてもリスクが低くて安全な投資法なんて思っていませんか?

トルコリラ円は高スワップなので、今とても注目されている通貨ペアであることは間違いありません。

でも、どうしてトルコリラ円は高スワップなのか? これをよく理解しておいた方がいいと思います。


スワップは目先の利益を見せつけて、リスクを見失わせる手法であり、我々はそのカモであると認識するべきです。

もしもトルコリラ円のスワップが10円だったとしたら、これはもうすでに取引が禁止されているレベルになっているかも知れません。

つまり、スワップが低ければ誰も買わないほど危険な通貨であり、むしろ逆に売られまくって通貨の価値を失ってしまうレベルです。

なのでスワップを釣り上げてトルコリラを買わせ、何とか今の水準を維持しているような状態です。

このまま、この水準を維持できなければ、さらにスワップは高くなって最悪はコントロール不能な状態になります。

もしも近いうちに何らかの金融危機にでもなれば、ほぼ間違いなくその渦に飲み込まれ追証を背負う人も続出するかも知れません。

その昔、アイスランドクローナと言う高スワップの通貨が取引されていました。今は強制決済で取引されていません。

これは、アイスランドという小さい国の通貨で、2008年頃には20%ぐらいまで金利が上昇し注目されたことがあったようです。

結局は、リーマンショックに巻き込まれて国家破綻してしまいました。しかも、財政は黒字で絶好調だったのです。

この通貨は、小さい国の通貨なので流動性も低く、トルコリラと比較にはならないかも知れませんが、よく似た現象にはなっています

トルコリラで8%ぐらいですから、アイスランドクローナの半分にも達していませんが、高スワップとは高リスクであると認識するべきです。

人は毎日のように小銭をちらつかされると、これってコツコツ貯めたら結構な金額になるんじゃね!

なんて思うと思いますが、コツコツと3年かけてスワップを積み上げても、それがたった1日で証拠金まで失う可能性があるのです。


人気の投稿