トルコリラ円は危険その見通しについて解説

トルコリラ円の見通しは気になるところだと思いますが、結論から申しますと誰にも見通すことは出来ない。これが答えです。

ただ、今のトルコの状況から分析すると、まだまだリスクが高くて危険な通貨ペアだと認識しています。

テクニカル的には、週足で底値を固めつつあるようにも見えると思いますが、ここで何か起こればイッキに下落しかねないポイントでもあります。


今後の見通しとすれば、ファンダメンタル的にトルコ経済が良好であり、国債もけっこう買われている。

これらの状況から判断すると相場は上昇に向かうだろうと考えられますが、トルコはこれらに反する大きなリスクも抱えています。

去年ほどではないですが、テロの問題も解決したわけではありませんし、まだまだ水面下では対立していること。

そして、直近ではアメリカとの間でビザの発給停止を行ったことなど、これもまだ解決していません。

相場を分析するときに重要なのは、政策金利とリスクのバランスだと思うので、そのバランスが偏った方に相場が動くと考えます。

基本的には、金利が上がれば相場は上がるので、こうならない場合はその上昇を食い止める程度のリスクが存在することになります。

最悪の場合になると政策金利を上げても相場が下落する現象になり、その場合は危険な通貨だと判断せざる負えません。

よって見通しは非常に難しい状況であるとともに、誰にも見通すことは出来ないと思っています。

現状の材料だけで判断するとしたら、明日どこで地震が起こるのか? を予想するようなもので、ただのギャンブルになってしまいます。

自分なりの答えを出してトレードするのは自由ですが、どうなるか分からないことに無理やり答えを出すのは間違いだと考えます。

分からない場合は分からないと言う答えが出てるのですから、その相場ではトレードせずに休めばいいと言うことです。

人気の投稿