塩漬けしてポジション守るならロスカットの方がマシ

トルコリラ円を取引きしている人の多くは塩漬け状態ではないでしょうか? それももうすぐ9割以上のトレーダーが塩漬けになる日も近いです。

それでもなんとか入金してポジションを守る。そうやって我慢することで未来は明るくなる。

もしかするとそうなる可能性もありますが、その思考でトレードを続けると今回は助かってもこの先どこかで資産を失います


FXの勝ち負けはメンタルに影響を受けますから、間違った考え方をを繰り返していたら、最終的には必ず負けるのです。

投資は最後に勝っていることが最重要だと思いますので、途中経過を気にする必要はないのですが、やはり確率に注目するべきです。

ある手法でリスクリワードが1対1勝率が5割なら、これは最終的に負けることが分かります。やればやるほどスプレッドの分が負けますよね。

でも、取引してる最中では連勝が続くと利益が出て、連敗しているときには損失が膨らむわけ。

それをずーっと続けると最終的にはスプレッドの分だけ損失になる。

この現実からは逃れることは出来ないし、これを無視して勝ち組になることはあり得ない。

確率は大事だけど勝率にこだわる必要はない。勝率が3割でも勝ち組のトレーダーはいるし、トレンドフォローではそれぐらいになる。

ただ、リスクリワードが十分であるなら、はっきり言って勝率は無視しても構わない。

ただ重要なのは、そのトレードを続けることで最終的に利益を残すことが出来るのか?これですよね。

それらを踏まえて考えると、今のトルコリラ円をロングすることで、スワップポイントが含み損を上回る確率が低い事。

塩漬けしてまでポジションを守る意味もないので、損切りするかロスカットされて、残りの資産を有効的に使う方がマシだと考えます。

人気の投稿