トルコは深刻な問題を抱えてしまったと思う

トルコリラ円が急落したのは、もう言うまでもないがビザの発給業務停止が原因だと言われている。

ビザが発行されないと言うことは、お互いの国へ入国することが出来ないわけで、しかも相手はアメリカでしょ。

これって、国として非常にヤバイ状況だと僕は思う。だって、そんな国を信用しろと言われても無理。


なので、ぼくとしてはロング出来ないので、1万通貨ショートしてます。このポジションはロスカットされるまで保有。

実際のところ、トルコという国が悪くてビザが発行されなくなった訳じゃないけど、クーデター未遂事件の黒幕だった男の疑いが晴れるまでは無理だろう。

まあ、疑われている本人は否定しているそうだけど、それをどのようにして明らかにするのか? 難しい問題だと思う。

それでもまだ買いポジションを増してる人もいるようだけど、そうするにしてもしばらくは様子を見る方がいいと思う。

何しろ相場が上昇するための材料がないので、ビザの問題が解決しないと本格的な上昇にはならない

トルコの経済は非常に良いと言われているけど、それがこの問題を押しのけてまで相場を持ち上げることはないだろう。

それと今日は10日なので北朝鮮のミサイル問題も警戒されているけど、それとビザの問題では比べ物にならない。

いくら北朝鮮がミサイルを飛ばしたとしても、それは一時的な下落にしかならないので、あまり気にする必要はないように思う。

とにかく下落は上昇と違って、想像を絶する勢いだからね。




※「ブログには書けないFXの儲け話」メールマガジン登録フォーム。

名前(ペンネーム)
メールアドレス






登録すると、規約に同意するものとします

※免責事項
ブログで書いている内容については、事実を保証するものではありません。記事の内容は、管理人の個人的見解であり、それにより損失や何らかのトラブルが発生したとしても、その責任は負いかねます。

人気の投稿