トルコリラ円なら少ない証拠金で取引できます

トルコリラ円の魅力は言うまでもなく高スワップポイントですが、もうひとつ魅力があるのを知ってました。

それは、非常に少ない証拠金から1万通貨の取引が可能であることです。これはFX業者にもよります。

しかし、どこの業者でも証拠金を3万円ぐらい入れたら、ちょっとした取引はできるレベルです。ただ、証拠金維持率は十分ではないです。


実際ぼくも2万5千円ぐらいの証拠金で取引していますし、これはすごくメリットが大きいと言えます。

が、高金利の通貨というのは、それなりにリスクがあると考えておいた方がいいと思います。

ひとことで言えば、このような通貨ペアで儲けるのは難しいと言うことです。

誰しもスワップポイントが高ければ儲ける可能性があると認識すると思いますし、だから買いが集まって相場が上昇するのです。

なのにトルコリラ円はどうして下落してるの? ここに注目するべきだと思います。

スワップポイントが高いのは、経済の安定をはかるために政策金利を高く設定しているからで、対する円との金利差が大きいからです。

どうして政策金利を高く設定するのか? これは、ハイパーインフレを防ぐために金利を高く設定してお金の流れを弱めるためですよね。

そうすればインフレは徐々に改善されて、そうなってくると政策金利も徐々に低くして調節するわけです。

FXの世界では、「金利が上がれば通貨も上がる」と言われますし、普通はそうして動いていくものです。

でも、トルコリラ円のように金利が上がっても相場が伴わない場合も確かにあって、それにはやはり理由があるのです。

本来なら上昇してもおかしくない政策金利なのに上昇しないのは、トルコが何らかのリスクを抱えているからであり、それが金利の上昇を上回るリスクだからと考えることが出来ます。

直近でいえばビザの停止ですが、これもなかなか深刻ですよね。




※「ブログには書けないFXの儲け話」メールマガジン登録フォーム。

名前(ペンネーム)
メールアドレス






登録すると、規約に同意するものとします

※免責事項
ブログで書いている内容については、事実を保証するものではありません。記事の内容は、管理人の個人的見解であり、それにより損失や何らかのトラブルが発生したとしても、その責任は負いかねます。

人気の投稿