トルコリラ円で大儲けした裏側の人たちとは?

FXはゼロサムゲームですからロングで負けた人がいたら、ショートで儲けている人がいるわけですよね。

トルコリラ円でもロングでロスカットされたり、塩漬けでポジションを保有してる人もいるでしょう。

でも、これだけ相場が下落してきた背景には、ロングよりも多くの資金がショートにつぎ込まれた証ですよね。


それもごく少数の銀行やヘッジファンド、切れ者個人投資家が9割以上のロングを上回る資金でショートしていたことになるのです。

正確には、そのとき9割だったかどうかは? ぼくにはわかりませんが、一般的には9割以上が負け組と言われますから、それぐらいではないでしょうか。

今の状況から考えてもロングで利益を出している人は、ごくわずかでありそれも利益は決して多くはないでしょう。

それでも相場はこれからも続いて行くわけですから、これから下落が続くとしたら全ての人が含み損を抱えることになります。

そしたら儲けている人はショートした人になりますし、それも相場参加者の約1割と言う少ない人たちです。

この事実だけは絶対に変わることはありませんし、これを利用しない手はないと思います。

しかし、これから相場が下落する保証はありませんし、これから相場が上昇すればどうしてくれるんだー!

こう思う人もいるでしょう。

そう思ってしまう人はもう少しFXを学習する必要があると思いますが、ぼくなら上昇すれば損切るだけ、そこで買いなおすのか? またはもう一度売るのか? 考えます。

FXはこれだけですから、全然難しいことはありませんし、儲けるチャンスはいくらでもあるのです。

シナリオが崩れたらスパッと損切りすればいいのに、わざわざ我慢して含み損を眺めているから資金がどんどん減ってしまうのです。

単純に利益が少なくて損失が多ければFXは勝てない仕組みですよね。それを逆にすれば、イヤでも儲けてしまう仕組みでもあるのですよ。

人気の投稿