トルコリラのような高金利通貨はなぜ危険なのか?

これはよく言われることですが、トルコリラのような高金利通貨は取引きしない方がいいよ。これですよね。

でも、取引してる人の大半は、いやいや相場が下がったとしてもスワップで回収できるから大丈夫だよ。こういいます。

確かに相場はどこかのポイントから必ず上昇するので、そうなってくれば含み損も減少してスワップでプラスになることもあるでしょう。


でもね、よく考えてみると、そもそもどうして高金利なんですか? ってところに注目しないとダメなんですよ。

インフレになってくると金融政策で政策金利を上げますよね。

そうすると普通はインフレが改善されるんですが、トルコの政策金利は8%ですから、これでもインフレ率が悪化してくるのはおかしくありません?

そう、トルコの経済は決して悪くないのに、それが相場に反映されてないわけですよ。

つまり、政策金利を上げるだけではインフレを改善することができないので、最終的には高金利がさらに高金利になり、それでもインフレが悪化してくるのでハイパーインフレになるわけです。

ようするにトルコリラを含む高金利通貨は、政策金利を上げるだけではインフレ改善が難しいわけです。

なので、エルドアン大統領は中銀に圧力をかけてまで、金利上昇に反対しているのだと考えます。

まあ、独裁とか汚職問題などもありますが、トルコを立て直すには必要な人物だと思いますし、よくやってるんじゃないでしょうか。

政策金利はこのままで相場を上昇させてくるとしたら、これはたいしたものだと思いますけどね。

実際、ビザの問題も解決しましたし、経済は良好でテロ対策も去年は活発に行っていたと思います。

もちろんトルコリラ円はリスクがありますが、いま買いじゃないでしょうか。


人気の投稿