トルコリラ円の取引で注意すべき追証の危険性!

追証についてはご存知だと思いますが、いわゆる追加証拠金のことで、今回のような暴落時は注意すべきことです。

追証についてはFX会社によって発生しない会社もありますし、自分の口座がどうなのか? ぐらいは把握しておく必要があるでしょう。

ロスカット水準についてもFX会社によって違いがありますので、そのあたりも理解しておく方がよいと思います。


まだ一部だけのことだと思いますが、トルコリラを円に両替することが出来ません

あくまでも可能性の話ではありますが、トルコリラの価値がなくなる可能性がゼロではないと言うことを指しています。

だいたいのFX会社では、証拠金がゼロになるまで強制的に決済されるようになっていますが、そこはFXなのでどうなるかわかりません。

自分が一方的に売りに出したとしても、そこに買いたい人がいなければトレードは成立しないからです。

こんな暴落時に果たして買いに入る人がいるのか? 今の価格帯では大丈夫だと思いますが、これからもっと下落した時の話です

しかもスプレッドは50~100ぐらいになっているのですから、そう考えると決済されるタイミングも遅くなって当然。

その時、暴落が一気に加速していれば、追証ありの口座を使っていると覚悟を決めなければならないでしょう。

実際にスイスショックの時は、大暴落でロスカット水準を大幅に割り込んで決済され、多くの追証が発生したようです。

結局、それらの追証を回収できずにFX会社がたくさん倒産したようです。

普段の取引では気にする必要はないですが、もはやトルコショックと言われている水準に来ているので、ロングポジションの人は自分の口座のことを把握しておく必要がありますね。


人気の投稿