トルコリラ円の暴落はセリクラと言えるのか?

今週のトルコリラ円は、予想外の勢いで暴落しセリクラではないのか? このように言われています。

セリクラとは、セリング・クライマックスの略で、売り相場で大暴落し大底となる局面のことを言います。

まあ、これだけ暴落すれば、そろそろ上昇するだろう! と思うのは早いと思うのでじっくり考えるべきです。


世間では、けっこうセリクラと言われてはいますが、それはまだまだこれからの事だと思います。

そもそもトルコリラ円が上昇する根拠がありませんし、多くのロングポジションが狩られたことは確かですが、ぼくの口座のロングポジションは65%ぐらいで、もう少し狩られる余地があるのです。

もしかすると一旦、暴落が落ち着く可能性はあると思いますが、下落して行くことは間違いないと思います。

今でも保有しているショートポジションはあるのですが、ポイントポイントで決済しつつショートで攻めて行きたいと思います。

勝ち組の方は今週の相場は美味しかったでしょう! ぼくも暴落した割には少ないですが、100pips程の利益は出ています。

トルコもこの暴落を食い止める手立てはないでしょう。

つまり、行くところまで行って取引停止まで追い込まれるか? ギリギリのラインまで売り込まれ最終的に上昇するのか? ジックリ見守りたいところです。

結論を言うとセリクラはこれからと言うことです。


人気の投稿