トルコリラ円を3週間ショートしたらこうなる!

トルコリラ円の取引きで7月24日ぐらいからショートしてみました。その結果を記録として残しておこうと思います。

いつかは暴落することを考えていたので、ショート戦略で行けばマイナススワップは差益で解消できます。

なので、トルコリラ円の取引では、圧倒的にショートが有利ですし、ある意味もう無敵と言っても過言ではありません。


暴落中の取引きにしては利益が少ないですが、安全な手法で行うのでどうしてもこうなります。

昨日の相場では、もっと強気に勝負した方が良かったと思いますが、あのような展開はそうそう無いと思うので、慎重な取引を心がけています。

来週も調整になるか暴落継続かは不明ですが、戦略ではショートしか選択肢がないので、引き続き淡々とこなすだけです。


昨日、見ていた時の売買比率は買い65%でしたが、今日になってみると73%になっていました。

まだまだ、トルコリラ円を買い増す人がいるようで、ぼくとしては非常に有難いと言うしかありません。

もしも本当のセリクラが起きたとするなら、売買比率は完全に買いと売りが逆転していなければなりません。

それでしか相場が上昇する根拠がありませんからね。


価格分布では、17円付近にショートの厚みが集中してきました。それに比べてロングは減ってきています。

それでもまたしばらくすると、ロングポジションは増えると思うので、しばらくはショート目線で大丈夫だと思います。

しかし、もう17円ですから資金管理さえ徹底していれば、ロングでも生還することは可能かもしれませんが、ずいぶん遠回りになってしまいます

ですので、下落するうちはショートで追いかけて、上昇しそうになったらロングで攻めていこうと考えています。

うまく行くかどうかは、やってみてのお楽しみ。

そうではまた、、、



人気の投稿